下取りは一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

一括査定サイト『安心車.jpを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩入力60秒の無料診断⇩

 

➡つづきを見る

https://toyota.jp

大人気の30系ヴェルファイアですが、買ってすぐにモデルチェンジが発表されたらショックですよね。
失敗しないように次のモデルチェンジ情報や次期について、過去の20系や30系のヴェルファイアの傾向を元にモデルチェンジ予想していきましょう。

スポンサードリンク

30系ヴェルファイアのモデルチェンジ情報

30系ヴェルファイアの次のモデルチェンジ情報ですが、過去の傾向から予想すると次にくるのは特別仕様車である「ゴールデンアイズ」になるでしょう。


https://toyota.jp/

ゴールデンアイズは20系ヴェルファイアで「2.4Zゴールデンアイズ」「3.5Zゴールデンアイズ」「2.4ZゴールデンアイズⅡ」「3.5ZゴールデンアイズⅡ」の4種類が発売され、30系ヴェルファイアでは「ZAエディションゴールデンアイズ」「ZAゴールデンアイズ」の2種類が発売されています。

30系ヴェルファイアがすでにマイナーチェンジされ後期モデルになっていることからも、次のモデルチェンジはマイナーチェンジやフルモデルチェンジではなく、特別仕様車の発売であることがモデルチェンジ情報として予想されます。

気になる情報がもう1つあります。
まずはこちらの動画をご覧ください。

こちらはレクサスの中国サイトからの引用ですが、日本でもレクサスブランドからヴェルファイアのようなミニバンが発売されるかもしれません。

別車種の情報にはなりますが、アルファードやヴェルファイアをベースとしたレクサスLMが上海モーターショー2019で発表されています。
レクサスLMはレクサスブランド初のミニバンであり、顔つきはヴェルファイアを彷彿とさせるものになっています。
見た目はヴェルファイアに近いですが、レクサスブランドとして差別化を測るためヴェルファイアとは異なった機構が取り入れられています。


http://www.lexus.com.cn

このように前列と後列の間に大きな仕切りがあり、レクサスLMは後部座席のプライバシーを尊重した作りになっています。
このことからも30系ヴェルファイアはレクサスLMと差別化を測って、運転席から荷室空間までの広がりを意識した作りになるのではないでしょうか?

➡ヴェルファイアの下取り価格は?リセール率が高いグレードは?

スポンサードリンク

30系ヴェルファイアのモデルチェンジ予想!どこがどう変わる?

https://toyota.jp

30系ヴェルファイアのモデルチェンジ予想としてどこが?どう変わる?のかを予想したいと思います。

モデルチェンジでここが変わる!

モデルチェンジでどこがどう変わるのか?気になるところですね。
濃厚なのが、トヨタの次世代プラットフォーム”TNGA“が採用されるということ。
この”TNGA”はトヨタ車だけに留まらず高級ブランド”レクサス”でも導入されています。
TNGAが採用されることで、車高が低くなることが予想されます。
4代目プリウスの時もそうだったのですが、3代目プリウスと比較すると車高が20mm低くなりました。

https://toyota.jp

更に骨格構造を最適化することで、パーツを見直すことになり車両軽量が図れます。
車両が軽くなれば当然、燃費が向上しますね。

そして、更に新型カムリにも採用されました、「Dynamic Force Engine(ダイナミック フォース エンジン)」の改良版が搭載されるのではとされています。

Dynamic Force Engine(ダイナミック フォース エンジン)」は20%もの低燃費が実現。これにより燃費もパワーも上がることなります。
ヴェルファイアの2.5Lはちょっとパワー不足と口コミでよくありますが、「Dynamic Force Engine(ダイナミック フォース エンジン)」のおかげで解消されそうですね。

現行のヴェルファイアの燃費(ハイブリッド車)はJC08モード比で18.4km~19.4km/Lですが、「ダイナミックフォースエンジン」を搭載する見込みの新型ヴェルファイアは、ミニバンとしては魅力的な20km/Lを超える低燃費を達成する見込みです。

https://toyota.jp

更にヴェルファイアのハイブリッド車には「Dynamic Torque Vectoring AWD」トルクベクタリング機構を搭載させ、後輪の左右駆動力も最適制御可能になります。
このトルクベクタリング機構は新型RAV4にも搭載されています。
ヴェルファイアハイブリッド車の運転性能がかなり上がりますね。

➡ヴェルファイアグレード別スペックとその乗り心地は?

モデルチェンジ後の価格は?

モデルチェンジ後の価格は?ということで、モデルチェンジすることで最も気になることは価格帯です。
あくまでも仮定ですが、20万円ほどの価格が上がりそうです。
先ほども述べましたがTNGAの採用、「Dynamic Force Engine(ダイナミック フォース エンジン)」などを考えると価格が上がるのは納得できます。
が!しかし、燃費が良くなり維持費としては下がりますが、問題の車両本体価格が上がるとなるとどうなんでしょうかね。

➡欲しいグレードを買う!値引き金額から更に50万円安くする方法

https://toyota.jp

それを払拭してくれる更なる情報が・・・
その心配を吹き飛ばしてくれそうなモデルチェンジに関する情報があります。
それが、次期ヴェルファイアからPHVモデルが登場するのではということです。
今現在、販売されているプリウスPHVは、電気だけ可能な航続距離は約60㎞!速度は120㎞まで可能です。
ヴェルファイアでこれが可能になれば、かなりの魅力なりますね。
通勤でヴェルファイアを使用されているユーザーにとってはもの凄い魅力ですね。
プラグインハイブリッド(PHV)となるということはファミリーカーの代表でもあるヴェルファイアが、災害時やキャンプなどでも電気の供給が可能になるということ。
まさにファミリーのカーとなる訳ですね。

特別仕様車の存在”ゴールデンアイズ”

https://toyota.jp

次に、30系ヴェルファイアのモデルチェンジ予想の一つであります、特別仕様車の存在があげられます。
「特別仕様車のゴールデンアイズが発売される」だと予想できます。
それでは具体的にゴールデンアイズは通常モデルの30系ヴェルファイアとどこが変わるのかを、過去のゴールデンアイズモデルの情報を元にまとめていきます。


https://toyota.jp/

これまで発売されたゴールデンアイズは20系ヴェルファイアでも30系ヴェルファイアでも標準モデルと室内の広さやデザインに違いはありません。
室内のゆとりや細部までこだわった徹底したゆとりは30系後期モデルのヴェルファイアゴールデンアイズでも健在することでしょう。


https://toyota.jp/

前回のゴールデンアイズでは荷室の扉を自動開閉するパワーバックドアが標準装備になりました。
スマートキーからでも荷室の扉を自動開閉することができ、ユーザービリティが飛躍的アップしています。
30系後期モデルではパワーバックドアが標準装備になっているグレードが「Exective Lounge」「Exective Lounge Z」「VLエディション」「ZRGエディション」のみになっているので、おそらく特別仕様車のゴールデンアイズには標準装備として付いてくることが予想できます。

➡ヴェルファイアの人気グレードZG!その人気の理由と装備

https://toyota.jp

デザインのゴールデンアイズの変更点ですが、「ハイビームリフレクター」や「メーターリング」「スマートキー」にゴールドメッキがあしらわれています。
この装備はゴールデンアイズのみの装備で標準グレードにはオプションでも装備させることができません。

30系ヴェルファイア後期モデルのデザインにもゴールドが取り入れられることはほぼ間違いありません。
これまでのゴールデンアイズではゴールドメッキが使われていない部分に新たにゴールドメッキが使われることも十分考えられますので、どんなゴールドデザインになるのかとても楽しみですね。


http://www.lexus.com.cn

レクサスLMが優美なデザインに特化しているので、30系ヴェルファイア後期モデルのゴールデンアイズは外装面でも差別化を図る予想ができます。
ゴールドをふんだんに取り入れ、よりヤンチャなデザインになるかもしれません。

スポンサードリンク

30系ヴェルファイアのモデルチェンジはいつ?その時期は?

https://toyota.jp

30系ヴェルファイアのモデルチェンジはいつ?そして、その時期は?と気になるところですね。
ここではフルモデルチェンジの時期とその前にあるであろう30系ヴェルファイア後期のゴールデンアイズについてまとめてみました。

次期フルモデルチェンジが誕生するのは?

https://toyota.jp

ヴェルファイアはこれまで、ネッツ店の専売車種として販売されてきました。
この専売車種が2020年1月より、ネッツ店と共にカローラ店でも販売を行う併売車種となるとされています。
そして、2022~2025年にかけてヴェルファイアは全販売店で併売する予定となっています。
これはヴェルファイアに限る話ではなく、どの販売店でもトヨタ車全車種の購入が可能になっていくようですね。

さらに、2025年までに全販売店で購入が可能になる事に合わせて、ヴェルファイアが販売終了となり、アルファードに一本化される予定です。
時期モデルチェンジの予想時期ですが次期フルモデルチェンジが誕生するのは2020年9月頃となる可能性が高いです。

気になるゴールデンアイズの時期は?

https://toyota.jp

気になるゴールデンアイズのモデルチェンジの時期ですがいつになるでしょうか?

ゴールデンアイズとは20系ヴェルファイアでも発売されており、2012年9月に「2.4Zゴールデンアイズ」「3.5Zゴールデンアイズ」が発売されました。
翌年2013年には「2.4ZゴールデンアイズⅡ」「3.5ZゴールデンアイズⅡ」が発売されており、20系で高い人気を誇った特別仕様車です。
20系ヴェルファイア後期モデルの発売が2011年であるので、特別仕様車であるゴールデンアイズはマイナーチェンジの翌年に来ています。


https://toyota.jp/

➡値引き金額から更に50万円安くする方法

30系ヴェルファイア前期モデルが2015年に発売され、やはり翌年に「ZAエディションゴールデンアイズ」「ZAゴールデンアイズ」の2種類の特別仕様車が発売されています。
そして30系ヴェルファイア後期モデルの発売時期は2018年1月でした。
これまでの傾向から予想すると次のゴールデンアイズの時期はおそらく、2019年中ということになるでしょう。
しかしまだヴェルファイアゴールデンアイズの詳しい発売日などの情報はネット上でもとても少ないです。
いったいいつ発売されるのかを細かく時期を見て予想してみます。


https://toyota.jp/

30系ヴェルファイアの前期モデルからゴールデンアイズ発売までの期間は1年6ヶ月です。
前回のゴールデンアイズは2016年7月に夏のボーナス商戦に合わせて発売されています。
30系ヴェルファイアの後期モデルが発売時期が2018年1月なので、そこから1年6ヶ月後は2019年7月になり前回のゴールデンアイズの発売と同じ時期になりそうです。
おそらく今回もボーナス商戦に合わせて夏に販売が開始されることが予想されますので、2019年7月発売はなかなか硬い情報だと言えます。

https://toyota.jp

是非、30系ヴェルファイア後期の購入を検討の方は特別仕様車のゴールデンアイズも視野に入れたいですね。

ヴェルファイアの値引き金額から更に50万円安くする方法!

「値引き交渉が苦手だなぁ」
「新車が欲しいけど、
予算オーバーで手がだせない…」

「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを
回るのは面倒だなぁ…」

「新車をお得にどこよりも
最安値で手に入れたい…」

「査定した後の
ディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
ヴェルファイアの購入を検討しているけど
新車購入の悩みってたくさん
ありますよね。

実際にあなたと同じ悩みを
持っている方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談しても
「聞かれてもわからない」
「安ければいいんじゃない?」
って感じで
まともに聞いてもらえず・・・

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんなあなたにオススメの裏ワザ
ご紹介します。

下取りは絶対に買取り!!

⇩スマホで簡単⇩入力60秒⇩査定無料⇩

下取りは無料一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

中古車一括査定の安心車.jp
を使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩無料診断をする⇩

スポンサードリンク


かんたん車一括査定「安心車.jp」は最大10社の大手買取業者に!

今話題の
中古車一括査定の安心車.jpは、
最大 10 社の大手買取業者に
あなたの愛車の下取り価格を
競わせることのできるサービスです。
もちろん、査定は無料です。

人気の秘密は、
60 秒程度の簡単な入力
あなたの愛車の最大の下取り金額が
分かることです。

ディーラーで 30 万円だった下取りが、
このサイト経由で 80 万円で下取りされた
という口コミからネット上で話題
なりました。

中古車一括査定の安心車.jp」は、
現段階の一括下取りサイトでは
本当に最高レベルだと思います。

⇩無料診断をしてみる⇩

➡もっと詳しくみてみる