下取りは一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

一括査定サイト『安心車.jpを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩入力60秒の無料診断⇩

 

➡つづきを見る

「新型ヴェルファイアに乗りたいけど自動車税とか諸費用が高そう・・・」
「新型ヴェルファイアはエコカー減税対象なのかな?」
そんな新型ヴェルファイアの自動車税やその他諸費用についてまとめました。
自動車に乗る以上は自動車税は必ず発生するので誰もが気になることですよね。
税金は国のためではありますが、「自動車税はなるべく値段を下げたい・・・」というのが正直なところ。
それでは新型ヴェルファイアの自動車税や諸費用とエコカー減税について知って後悔しない選択ができるようにしておきましょう!

スポンサードリンク

新型ヴェルファイアの気になるエコカー減税

https://toyota.jp

新型ヴェルファイアを購入検討の皆様、ご安心ください!
新型ヴェルファイアはエコカー減税対象車です。
ハイブリッド車と2.5Lモデルの新型ヴェルファイアがエコカー減税の対象になります。
3.5Lモデルの新型ヴェルファイアは税制改正によりエコカー減税の対象から外れているのでお気をつけください!
それではエコカー減税額が大きいハイブリッド車の新型ヴェルファイアをご紹介していきます。

https://toyota.jp

新型ヴェルファイアの中でも一番減税額が大きいのはHYBRID Executive Lounge(7人乗り・4WD)で、エコカー減税の合計額は約213,300円です。

https://toyota.jp

エコカー減税額が一番小さいハイブリッド車の新型ヴェルファイアはHYBRID X(8人乗り・4WD)で、エコカー減税の合計額は約140,300円です。
新型ヴェルファイアのハイブリッド車は全9グレードありますが、平均して約164,000円のエコカー減税があります。
さすがハイブリッド車は環境に配慮されているのでエコカー減税額も大きくなりますね!

2.5Lモデルの新型ヴェルファイアのエコカー減税についてご紹介していきます。

 

https://toyota.jp

2.5Lモデルの新型ヴェルファイアの中でも一番エコカー減税が大きいのがZ“G EDITION”(7人乗り・2WD)で、減税額の合計は約30,600円です。
2.5Lモデルでエコカー減税が一番小さいのはX(8人乗り・2WD)で、減税額の合計は約23,800円です。
新型ヴェルファイアの2.5Lモデルは全23種類ありますが、約20,000円〜30,000円程度のエコカー減税の対象になります。

➡ヴェルファイア維持費 何年ローンが良い?残価設定はお得!!

月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる!
リースナブル

スポンサードリンク

新型ヴェルファイアのグレード別の自動車税

https://toyota.jp

「購入した1年後の自動車税はいくらかかるんだろう?」
「グリーン化特例って新型ヴェルファイアも対象なのかな?」
今度は新型ヴェルファイアの自動車税について紹介していきます。
自動車税は登録の翌年後に支払うものなので忘れている頃にやってくるもの。
その打撃を少しでも減らすためにはこちらもなるべく安く抑えたいですよね。

新型ヴェルファイアの自動車税

新型ヴェルファイアの自動車税は約45,000円です。
自動車税の約45,000円から新型ヴェルファイアのハイブリッド車はグリーン化特例で概ね75%減税されます。
自動車税約45,000円から約33,500円が減税され、納付額は約11,500円になります。
ハイブリッド車以外のグレードはグリーン化特例の対象ではありませんのでご注意ください。

https://toyota.jp

新型ヴェルファイアのハイブリッド車は車両本体が高く、平均約500万円はします。
それに比べてしまうと微々たる金額に見えてしまいますが、毎日使えるお金の一部と考えると自動車税の33,500円減税は大きいです。
新型ヴェルファイアを検討している方はエコカー減税だけでなく自動車税についても把握し、自分のライフスタイルにあったグレードを選ぶことが大切です。

➡ヴェルファイアの下取り価格は?リセール率が高いグレードは?

https://toyota.jp

本当にハイブリッド車が必要か?
本当に2.5リットルモデルで良いのか?
長い目で見るとトータルでお得になる買い方で新型ヴェルファイアをゲットしましょう。

➡ヴェルファイアの値引き金額を更に50万円安くする方法

スポンサードリンク

新型ヴェルファイアの諸費用はいくら?費用まとめ

https://toyota.jp

「新型ヴェルファイアの諸費用の合計ってどのくらい?」
「最終的な費用が知りたい」
今度は新型ヴェルファイアの諸費用についておおよその費用をまとめてみました。
新型ヴェルファイアのハイブリッド車とガソリン車で諸費用について見ていきましょう。
新型ヴェルファイアのエアロボディのハイブリッド車は「HYBRID Z・HYBRID ZR・HYBRID ZR“G エディション”・HYBRID Executive Lounge Z」の諸費用がすべて約130,000円です。

https://toyota.jp

「HYBRID ZR“サイドリフトアップチルトシート装着車”」は諸費用約125,000円程度になり、福祉車両の方が減税が多くなります。
新型ヴェルファイアの標準ボディのハイブリッド車は「HYBRID X・HYBRID V・HYBRID V“L エディション”・HYBRID Executive Lounge」の諸費用がすべて約130,000円です。
エアロボディ同様に「HYBRID X“サイドリフトアップチルトシート装着車”」は諸費用が約125,000円程度になります。
新型ヴェルファイアのエアロボディのガソリン車は「Z・Z“A エディション”・Z“G エディション”・ZG」が約300,000円の諸費用がかかります。

https://toyota.jp

「Executive Lounge Z」については約380,000円程度の諸費用がかかり、他グレードよりも費用が高くなります。


新型ヴェルファイアの標準ボディのガソリン車は「X・V・VL」がエアロボディ同様に約300,000円程度の諸費用で「Executive Lounge」のみ約380,000円程度の諸費用がかかります。

ヴェルファイアの値引き金額から更に50万円安くする方法!

「値引き交渉が苦手だなぁ」
「新車が欲しいけど、
予算オーバーで手がだせない…」

「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを
回るのは面倒だなぁ…」

「新車をお得にどこよりも
最安値で手に入れたい…」

「査定した後の
ディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
ヴェルファイアの購入を検討しているけど
新車購入の悩みってたくさん
ありますよね。

実際にあなたと同じ悩みを
持っている方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談しても
「聞かれてもわからない」
「安ければいいんじゃない?」
って感じで
まともに聞いてもらえず・・・

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんなあなたにオススメの裏ワザ
ご紹介します。

下取りは絶対に買取り!!

⇩スマホで簡単⇩入力60秒⇩査定無料⇩

下取りは無料一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

中古車一括査定の安心車.jp
を使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩無料診断をする⇩

スポンサードリンク


かんたん車一括査定「安心車.jp」は最大10社の大手買取業者に!

今話題の
中古車一括査定の安心車.jpは、
最大 10 社の大手買取業者に
あなたの愛車の下取り価格を
競わせることのできるサービスです。
もちろん、査定は無料です。

人気の秘密は、
60 秒程度の簡単な入力
あなたの愛車の最大の下取り金額が
分かることです。

ディーラーで 30 万円だった下取りが、
このサイト経由で 80 万円で下取りされた
という口コミからネット上で話題
なりました。

中古車一括査定の安心車.jp」は、
現段階の一括下取りサイトでは
本当に最高レベルだと思います。

⇩無料診断をしてみる⇩

➡もっと詳しくみてみる