下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービス。

あなたの愛車を高値で売れる
新しい買取りサービス

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

⇩無料診断してみる⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


トヨタ・ヴェルファイアの魅力を知るには、同じカテゴリーでユーザーに検討されやすいクルマと比較するのが一番わかりやすいです。
今回はヴェルファイアと同じく、上級ミニバン市場で人気なホンダ・オデッセイを価格・大きさ・燃費の各カテゴリーで比較しました。

スポンサードリンク

ヴェルファイア VS ホンダ・オデッセイ人気グレード価格比較


https://toyota.jp/vellfire


https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

新車の購入時に検討するのがやはり価格
ヴェルファイアホンダ・オデッセイ、どっちのコストパフォーマンスが良いのでしょうか。
まずは、価格を比較してみます。
まず、ヴェルファイアのグレードごとの新車価格は、3,376,0800円~7,502,760円となっています。
ガソリン車の下位グレードが最も安く、ハイブリッド車の上級グレードが最も高い価格となっています。
特に上級グレードの750万円という価格帯は、ヴェルファイアの性能や質感についてのトヨタの自信が伺えます。
ヴェルファイアの上級グレードは国内最高峰のミニバンとなるので、他では得難いラグジュアリーな空間と乗り心地を求めるかたには非常にオススメなグレードです。
また、ヴェルファイアの価格帯を見ると、先進的な技術を搭載したハイブリッド車が車両価格は高い傾向にありますが、燃費を見るとハイブリッド車の方が勝っているので、年間の走行距離が多く長い間ヴェルファイアを乗りたいというユーザーには、トータルで見るとハイブリッド車の方がコストパフォーマンスは高いでしょう。
一方、ホンダ・オデッセイのグレードごとの新車価格は、2,980,000円~4,150,000円となっています。
全体的にグレード差がなく、まとまりがある価格帯となっています。
ホンダ・オデッセイもガソリン車とハイブリッド車に分類されますが、こちらもガソリン車の下位グレードが最も安く、ハイブリッド車の上級グレードが最も高い価格となっています。
ヴェルファイアホンダ・オデッセイの、グレードをまとめた全体的な価格を単純に比較してみると、特に上級グレードで価格差があるのがわかります。
しかし、ヴェルファイアの上級グレードに関しては、乗り心地や装備品が非常に豪華なものとなりますので、オデッセイの上級グレードとも比較し難いものがあります。
そこで、ヴェルファイアホンダ・オデッセイでは同じ価格帯のグレードで比較してみると、どっちのコストパフォーマンスが高いのか検証してみました。
特にユーザーから人気があるグレードとして、ヴェルファイアはエアロボディハイブリッドZ、ホンダ・オデッセイはハイブリッド アブソルート ホンダセンシング
を挙げます。
ヴェルファイアエアロボディハイブリッドZの車両価格は4,632,120円で、ホンダ・オデッセイのハイブリッドアブソルートホンダセンシングは3,936,400円となります。
車両価格を比較すると、ヴェルファイアの方が約70万円高いですね。
価格が安いから、ホンダ・オデッセイの方がコストパフォーマンスもいいのではないかと思いがちですが、クルマのコストパフォーマンスは、走行環境・維持費・使用状況・クルマのスペックなどによって総合的に判断されます。
したがって、単純に車両価格のみで判断することはできません。
また、ユーザーがクルマに求めるポイントによっても微妙に満足度は違ってきます。
ヴェルファイアは圧倒的な高級感、ホンダ・オデッセイは高い走行性能が、特徴として挙げられます。
クルマにはそれぞれ車種ごとのコンセプトがありますので、ユーザーが求めるポイントにマッチしていないと、コストパフォーマンスはユーザーにとって低いものとなってしまうのです。

スポンサードリンク

ヴェルファイア VS ホンダ・オデッセイ 大きさの違いは?


https://toyota.jp/vellfire

https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

続いては大きさを比較したいと思います。また、どちらの室内が広いかも合わせてご紹介します。
ヴェルファイアのボディサイズは、全長4,935㎜×全幅1,850㎜×全高1,935㎜です。
対して、ホンダ・オデッセイのボディサイズは、全長4,930mm×全幅1,850mm×全高1,895mmです。
ボディサイズを比較すると、ヴェルファイアホンダ・オデッセイより全長が100mm長く、さらに全高は210mm高い結果となっています。
外観の見栄えに最も大きく影響するのは全高の違いです。
ヴェルファイア210mmも全高が高いので、実際のサイズ以上に大きく見えます。
また、全高が高いためにフロントマスクにも厚みがあり、旧モデルよりさらに存在感を強めた印象です。
続いて、室内と後部座席の広さを比較してみます。

https://toyota.jp/vellfire
まずヴェルファイアの室内寸法は、室内長3,210mm×室内幅1,590mm×室内高1,400mmです。
かなりゆとりのある空間で、Lサイズのミニバンの中でもトップクラスの広さとなっています。
続いてホンダ・オデッセイの室内寸法は、室内長2,935mm×室内幅1,560mm×室内高1,325mmとなっています。

https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

こちらもLサイズミニバンとしては申し分ないサイズ感ですが、全体の広さとしてはヴェルファイアに軍配が上がります。
ヴェルファイアが、室内長は275mm長く室内幅は30mm広く室内高は75mm高くなっています。
さらにヴェルファイアの特徴として、その広さを活かした多彩なシートアレンジが挙げられます。
助手席は最大1,160mmのスーパーロングスライドが可能で、セカンドシートと同一レール上にシートを設置することにより、助手席とセカンドシートを前にずらし後方を広くとることができます。
そのため、長さのある荷物を積むことができ、助手席前の幅を拡大しゆったりしたスペースでのんびり過ごすことも出来ます。
また、ヴェルファイアはシート部分だけでなく、ラゲッジスペースもとても広いので荷物の積み下ろしも非常にスムーズに出来ます。
特に3列目が収納できるので、ラゲッジスペースを拡大できその広さは観葉植物や自転車がそのまま入るほどと言われています。
対してオデッセイも、シートアレンジや設計で工夫することによって、乗り降りのしやすさや荷物の入れやすさが配慮されています。
ただ、ミニバンのユーザーにとっては、荷物がどれだけ詰めるかも重要視されるので、やはり室内が広いのは嬉しいポイントですよね。
それぞれのサイズを比較しましたが、ボディサイズと室内の広さにおいてはヴェルファイアが全体的に大きいということがわかりました。

➡ヴェルファイア VS 日産・エルグランド徹底比較!どっちが勝る?

スポンサードリンク

ヴェルファイア VS ホンダ・オデッセイ燃費が良いのは?


https://toyota.jp/vellfire

https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

長期的に車に乗ることを考えると、月々のガソリン代が気になるところです。
最後に燃費はどっちが優れているのか比較してみました。
まず、ヴェルファイアのカタログ燃費ですが、ガソリン車で10.4km/L~12.8km/L、ハイブリッド車で18.4km/L~19.4km/Lとなっています
対してホンダ・オデッセイのカタログ燃費は、ガソリン車で13.6km/L~14.0km/Lで、ハイブリッド車で24.4km/L~26.0km/Lとなっています。
カタログ燃費を見ると、ホンダ・オデッセイのハイブリッド車が一番優れていることになります。
しかし、カタログ燃費は決められた計測方法での数値ですので、実際にユーザーが使用した時の実燃費とは差があります。
もちろんカタログ燃費は大きな指標となりますが、道路環境や運転の仕方、荷物をどれだけ積んでいるかで燃費は大きく変わってきます。
カタログ燃費でコストパフォーマンスが高いのは、ホンダ・オデッセイとなりますが、燃費比較サイトではユーザーからの燃費レビューも掲載されていますので、使用環境が近いユーザーの実燃費をチェックすることをオススメします。

ヴェルファイア VS ホンダ・オデッセイまとめ


https://toyota.jp/vellfire

https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

今回はヴェルファイアホンダ・オデッセイをそれぞれの項目で比較してみました。
先述しましたが、ユーザーのクルマに求めるポイントはそれぞれによって違うので、今日ご紹介した「価格」「大きさ」「燃費」が重視する点であれば、参考になるかと思います。
比較することで改めてヴェルファイアの魅力や特徴を知ることができるので、ヴェルファイアの購入を検討する時は様々な視点で他の車種と比較することをオススメします。

ヴェルファイアが値引から更に50万円安くなる!その方法!!

「新車が欲しいでも予算が…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「ディーラーをいくつも回るのは面倒…」
「グレードは下げたくない…」
「査定後のディーラーの売り込みがイヤ」

などなど、
新車の購入を検討してみると
悩みが尽きない…

という方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したけど
「聞かれてもわからない」
「ディーラーに行けばいいんじゃない」

と一蹴される始末。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩


下取り車を高く売るには?

下取り車である
あなたの愛車を高く売るには
一社だけでなく数社に査定をしてもらう事が
必要になります。

数社というと何社くらいが良いのか
というと、最低でも3~5社!

3~5社回ることで、
相場が見えてくるので
交渉もしやすくなり、
一番高値で提示してくれた
業者に決めることができます。

ですが!!

3~5社回るとなると、
結構な重労働になりますよね。

しかも、査定時間に30分くらいかかります。

そして、
当然その後は営業マンからの
営業が始まります。

スタートは買取り限度額より、
50万くらい安く始まります。

またそのやりとりには、
時間もかかり、押しに弱い人は
断ることもできず、しぶしぶ
売却することにもなりかねません。

ではどうしたら!?

 

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

下取りは必ずクルマ買取りオークションを使うこと!

失敗せずにしかも、
納得がいく金額

下取り車をどこよりも高く売る方法
そのワザというのが!
クルマ買取りオークションを利用する事なんです。

先ほども
お伝えしましたが、
愛車を高く売るには
買取り業者を数社まわる必要があると
おつたえしました。

これができるのが、
クルマ買取りオークションなんです。

クルマ買取りオークションは
一回の査定で最大5000社以上の店舗から
買取のオファーが受けられるサービスなんです。

あなたの愛車の情報が
ネットオークションに掲載され、
最大5000社から買取りオファーが
受けられる新しい買取りサービスになります。

一括査定サイトはもう古い!?

一括査定サイトが少し前に
流行りましたが、利用者の評判が
良くなかったということがあり
今では利用者が減っています。

一括査定サイトは申し込んだ瞬間に
自分の情報が複数の買取り店に渡ってしまう事。

更に、たくさんの業者からメールや電話が
ひっきりなしに来るので、
利用者にとってはかなりの負担となって
いました。。

口コミや評判では
「結構、面倒だった」
「電話がしつこかった」
「断るのが面倒…」

などなど

こういった一括査定サイトの
デメリットを解決し、
更に
手軽に簡単にわかりやすく
高値で愛車を売ることができる
サービス
クルマ買取りオークションの
ユーカーパック
なんです。

⇩⇩無料診断してみる⇩⇩
⇩⇩カンタン60秒査定⇩⇩

買取りオークション「ユーカーパック」メリット!

かんたん」「安心」「高く売れる」が
特徴の「ユーカーパック」

メリットは?

・完全無料
・査定は一回きり
・あなたに代わりオークションに掲載
・最大5000社が入札しあう
・査定から売却を代行
・個人情報が公開されない
・営業電話が無い

などなど上げたらきりがないくらいです。

買取店が参加するオークションなので、
買取店同士が競り合ってくれるので、
高い買取価格に繋がります。

ディーラーで30万円しかつかなかった
下取り車が買取りオークションでは
60万円や70万円になることは
多々あります。

過去には50万以上高く売れることも…

更に
マツダRX-7(2002年車)が
150万くらいで売れたら良いと思ったら
311万円まで上がって
ビックリしたなんていう
利用者もいました。

買取りオークションは
買取業者が
あなたの愛車をオークションで
競り合う形になりますので
どんどん金額が上がっていくんです

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ユーカーパックが人気の理由

「ユーカーパック」
女優のローラさんが
イメージキャラクターとして、
宣伝されている買取オークションサイト
なんです。

ユーカーパック
最大5000社の買取業者
オークションで競り合うサービスです。

あなたは買取りオークション
に車を登録するだけ!

後は買取業者が競り合って
くれるので、結果を待つだけ。

その「ユーカーパック」
人気の理由は

60秒程度でできる
簡単な入力であなたの
愛車の最大の下取り価格が
わかる
こと。

電話やメールが無い
という事。

一番の理由は
どこよりも高い買取り金額を
実現できるという事なんです。

しかも、査定方法は
とっても簡単!

スマホやパソコンがあれば
簡単かつすぐに
査定金額がわかるんです。

この手軽さも人気の秘訣

実際に利用した人が
「ディーラーで30万円だった下取りが
このサイト経由で査定したら50万アップの
80万円になった」

という口コミもあり、
かなりネット上で話題となりました。

「ユーカーパック」は
新しい買取りサービスで
本当に最高レベルの
買取りオークションと言えます。

登録されている買取業者も
「ガリバー」を始め、誰もが知っている
業者さんばかりで安心ですし、
登録後、すぐに下取りの
見積もりをだしてくれたり、
下取り価格も非常に高いので
嬉しいですよね。

このサイトを活用し
愛車の下取り価格を上げることで、
実質、値引き額が大きくなったのと
同じことですから、
もう、ディーラーの値引きに
悩むことはないはず。

実際、
ディーラーの値引き価格というのは
実質相場が決まっているんです。

ですから
いくら頑張っても
たいして増えないのが現状なんです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩


ディーラーの値引き価格の相場を越える値引きをさせるには?

先ほど、ディーラーの値引き価格は
実質相場が決まっているという
お話をしましたが、
例外があります。

それは、下取りがある場合なんです。

商談時、ディーラーの営業マンは
下取り価格を安くし、
値引き価格を大きく見せるテクニック
を使います。

そうすることで、
損失分を相殺するというやり方を
使います。

ここで大事なのが

あなたの愛車を下取りに
出す予定と伝えることです。

そのうえで、
値引き価格を増やしてもらえば
良いのです。

そして、購入を決める時に、

「やっぱり下取りに出すのは辞めます」

と、こう伝えるだけでいいんです。

営業マンとしては
一度提示した値引き金額を
なかったことにはできませんからね。

この方法の成功事例は
数多く上がっています。

私も営業マン時代、
この方法をとられたことがあり、
上司に怒られるほどの値引を
したことがあります。

この方法が新車を最安値で購入する
必殺の裏ワザなのです。

⇩無料診断してみる⇩
⇩カンタン60秒査定⇩