下取りは一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

一括査定サイト『安心車.jpを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩入力60秒の無料診断⇩

 

➡つづきを見る

ヴェルファイアは純正品でも非常にかっこいいスタイリングですが、カスタムパーツが多いことでも知られています。
購入後にカスタムを検討している方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ヴェルファイアのカスタムについて、エアロパーツなど各項目に分けて紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイア 改造パーツ!マフラーで視覚とサウンドを楽しむ

引用:https://toyota.jp/vellfire

まずはマフラーについてご紹介します。
ヴェルファイアマフラーをカスタムすると、どんなメリットがあるのでしょうか。

スポンサードリンク

マフラーをカスタムする目的

引用:http://www.trdparts.jp/vellfire/

マフラーをカスタムするユーザーは、主にドレスアップや走行性能の向上を目的としています。

マフラーは、エンジンと密接に関連する重要なパーツです。
エンジンの排気音を抑えたり、有毒物質を除去したり、エンジン性能をよくする役割が、マフラーにはあるのです。
そんなマフラーを交換するメリットは、多岐に渡ります。

ドレスアップの観点から言うと、マフラーには様々な形状があるため、見た目をおしゃれにすることができます。
さらに、サウンドにもマフラーそれぞれで個性があるので、音を楽しみたい方にもオススメです。

そして、マフラーを交換することによって、エンジン性能が上がることも期待できます。
適切なマフラーを装着することによって、排気効率が上がり、よりヴェルファイアの走りを楽しむことができるのです。

マフラーをカスタムする時の注意点

引用:http://www.trdparts.jp/vellfire/

マフラーは車検での検査対象部品ですので、車検に適合するカスタムを心がけましょう。

まず、国土交通省が定める道路運送車両法では、マフラーの音量に関する規定があります。
その音量は、96デシベル以下に設定されています。
サウンドを楽しみたいユーザーも、この範囲内でカスタムをする必要があります。

また、マフラーの取り付け位置に関しても、自動車の最低地上高が9センチメートル以上であることが定められています。

そして、マフラーには触媒が装備されていなくてはいけない、という規定もあります。
触媒には、有毒なガスなどの発散を防止する機能があるので、必ず触媒がついたマフラーを選びましょう。

カスタム初心者がマフラーを選ぶ際には、どれが車検に適合するマフラーなのかわからないと言った声もあります。一般的に販売されているマフラーには、車検に対応しているかどうかが、記載されています。
「保安基準適合品」、「車検対応品」などの記載があるものでしたら、間違いありません。

さらに、ヴェルファイアに適合しないマフラーを選ぶと、エンジン性能の低下を招く恐れもあります。
マフラーはエンジン性能に直結する大切なパーツですので、ヴェルファイアの走行性能を楽しむためにも、適切なマフラーを選びましょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイア カスタム仕様!カスタム内装された大空間!

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアの室内は、純正でも既に豪華ではありますが、さらに快適性を追求するための様々なカスタム方法があります。
ここではオススメの内装カスタムをご紹介します。

ヴェルファイアの内装カスタムはまず簡単なパーツから

引用:https://toyota.jp/vellfire/

内装のカスタムといっても、複雑なパーツをヴェルファイアに追加することが、全てではありません。
内装のカスタムパーツには、シンプルに置くだけのものや貼るだけのものもあります。

購入してすぐにヴェルファイアの内装をカスタムしみたいユーザーは、まず簡単なカスタムから初めてみましょう。例えば、マット類は非常に手軽です。
置くだけで、足元やダッシュボードが華やかになります。
簡単なのにしっかり主張したデザインであれば、ヴェルファイアの内装もまた違った印象に見えるでしょう。

そして、これらのパーツは純正のものに戻したくなったときにも、すぐに取り替えられるメリットがありますのでオススメです。
他にも、両面テープのカスタムパーツは、戻すときにも剥がすだけなので簡単です。

さらに、ティッシュボックスやゴミ箱などの小さなパーツも、シートやダッシュボードの色や柄に合わせてカスタムしてみると、統一感が出て非常におしゃれな雰囲気になります。
まず、初めのうちはこう言った手軽な内装のカスタムから始めてみてはいかがでしょうか。

ヴェルファイアを電装パーツでカスタム!

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアの内装空間を光で演出する、電装系のパーツに憧れるユーザーも多いかと思います。
しかし、内装のカスタムの中で、オーディオやイルミネーションなどの電装関連のアレンジは、初心者には少し難しいかもしれません。

電装パーツは、内装カバーを外して配線する必要があるため、電気の知識がないとハードルは高いです。
シガーソケットから電源を取ることで使える電装パーツもあるため、初心者の場合はそちらを選択する方が無難でしょう。

そして、ナビやオーディオ類のカスタムをする場合には、無理に自分でやろうとせずにお店プロに依頼した方が時間もかからず効率的です。
もし、自分でカスタムにチャレンジして失敗してしまうと、余計に高くついてしまう恐れもあります。

しかしながらヴェルファイアの内装は、電装系のパーツで大きくイメージを変えることができます。
自分好みのパーツを選んで簡単なところから始めてみると、他のヴェルファイアとの違いを生み出すことができるでしょう。

ヴェルファイア人気エアロパーツ!インチアップしたホイールが決まる

引用:https://toyota.jp/vellfire/

続いてはエアロパーツのカスタムについてご紹介します。
ヴェルファイアにエアロパーツをカスタムすると、どういったメリットがあるのでしょうか。

エアロパーツのカスタムについて

引用:http://www.trdparts.jp/vellfire/

エアロパーツとは、空気力学的に考えられた自動車の外装部品を指します。

走行中に生じる空気抵抗の減らすことでハンドルのブレを減らし、運転を快適にしていくことや、見た目をさらにオシャレにカスタムすることが目的で装着されます。
また内部の部品冷却や、車体の汚れを防止する機能もあるので、用途に合わせて着脱できることがメリットです。

そして、エアロパーツを一つつけるだけでも、ヴェルファイアの表情はガラッと変わるので、カスタムの中でもエアロパーツは非常に人気が高いです。
せっかくエアロパーツを付けるのであれば、ノーマルよりも引き締まるイメージのエアロパーツを選ぶと共に、機能性も意識しましょう。

また、エアロパーツもマフラー同様、車検時の検査対象部品です。
きちんと取り付けられているか、地上との高さをしっかり確保しているかなどがチェックされますので、車検も考慮に入れたエアロパーツのカスタムをしましょう。

エアロパーツと一緒にホイールも一緒にカスタムしよう!

引用:http://www.trdparts.jp/vellfire/

ヴェルファイアのエアロパーツを交換した際には、一緒にホイールもカスタムすることをオススメします。

ホイールも、エアロパーツ同様にデザイン一つで、ヴェルファイアの印象をガラッと変えることができます。
スポーティーなデザインや、ラグジュアリーなデザインなど、本当にたくさんのデザインがあるので、選ぶ楽しさもあります。

また、ホイールを交換するときにはインチアップも検討してみてはいかがでしょうか。
インチアップをすることによって、足元に迫力を生み出すことができます。

さらにカスタムしたエアロパーツとの相乗効果で、独自性の強いあなただけのヴェルファイアを生み出すことができるでしょう。
しかし、インチアップの際には、しっかりタイヤに適合するサイズを選びましょう
また、ヴェルファイアの適正なサイズを選ばないと走行性能に危険を及ぼす可能性もあるので、必ずサイズを確認してから、交換しましょう。

➡ヴェルファイア快適空間術!おすすめアクセサリー電源ソケット

ヴェルファイアをローダウンするその前に・・・

引用:http://www.trdparts.jp/vellfire/

カスタムをする際にローダウンを検討している方も多いかと思います。
ローダウンは、運転時に大きく影響するカスタムですので、しっかりメリットとデメリットを把握しておく必要があります。

ヴェルファイアをローダウンすることで起きるメリット

引用:http://www.trdparts.jp/vellfire/

ローダウンとは、車高を下げるカスタムになります。
ヴェルファイアをローダウンにすることで得られる最大のメリットとしては、走行時の安定性が挙げられます。

ミニバンのように車体が大きく背の高い車は、高速時やコーナリング時に空気抵抗を受け、ふらつきやすい傾向にあります。
ヴェルファイアはその緻密な設計によって、ふらつきが少ない走行性能になっていますが、ローダウンをすることで、さらにコーナリング時の安定感が増します。

また、空気抵抗も抑えられることによって、高速道路を走るときの安定性も増します。
さらに見た目としても。重心の低さが際立ち地面と車体の隙間が狭くなるので、純正のヴェルファイアよりスタイリッシュな印象を見せることができるでしょう。

ヴェルファイアをローダウンすることで起きるデメリット

引用:https://toyota.jp/vellfire/

メリットだけをみると素晴らしいカスタムのようにも感じますが、ローダウンの最大のデメリットとしては、安定性と引き換えに乗り心地が悪くなる懸念があります。

本来、サスペンションは乗り心地の良さのために装備されていますが、そのサスペンションは短いものになる程、乗り心地が悪くなる傾向にあります。
サスペンションが短いことによって、道路のデコボコがシートに伝わり、大きな振動を感じます。

また、ローダウンをすることによって、取り回しでの不便を感じることがあります。
どのくらいのローダウンをしているかにもよりますが、歩道や踏切など街中にある段差を通過するのが難しい場合も発生します。
さらに車高を下げているので、駐車場の輪止めでエアロをこすってしまったり、ボディが傷ついてしまうなんていうことも否定できません。
車検で定められている最低地上高90mmをしっかり確保していれば、ほとんど問題ないとも言えますが、確実に悪路を走ることが、標準時よりも難しくなってしまいます。

ヴェルファイアのカスタムについてまとめ

引用:https://toyota.jp/vellfire/

今回はヴェルファイアのカスタムについてご紹介しました。

様々なパーツのカスタム方法がありますが、カスタムには色々な方法があります。
どうしても大掛かりなカスタムをイメージしがちですが、まずヴェルファイアを購入したら、簡単なカスタムから始めてみることをオススメします。

カスタムをすることによって、あなたのヴェルファイアがより特別な一台になることでしょう。

ヴェルファイアの値引き金額から更に50万円安くする方法!

「値引き交渉が苦手だなぁ」
「新車が欲しいけど、
予算オーバーで手がだせない…」

「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを
回るのは面倒だなぁ…」

「新車をお得にどこよりも
最安値で手に入れたい…」

「査定した後の
ディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
ヴェルファイアの購入を検討しているけど
新車購入の悩みってたくさん
ありますよね。

実際にあなたと同じ悩みを
持っている方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談しても
「聞かれてもわからない」
「安ければいいんじゃない?」
って感じで
まともに聞いてもらえず・・・

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんなあなたにオススメの裏ワザ
ご紹介します。

下取りは絶対に買取り!!

⇩スマホで簡単⇩入力60秒⇩査定無料⇩

下取りは無料一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

中古車一括査定の安心車.jp
を使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩無料診断をする⇩

スポンサードリンク


かんたん車一括査定「安心車.jp」は最大10社の大手買取業者に!

今話題の
中古車一括査定の安心車.jpは、
最大 10 社の大手買取業者に
あなたの愛車の下取り価格を
競わせることのできるサービスです。
もちろん、査定は無料です。

人気の秘密は、
60 秒程度の簡単な入力
あなたの愛車の最大の下取り金額が
分かることです。

ディーラーで 30 万円だった下取りが、
このサイト経由で 80 万円で下取りされた
という口コミからネット上で話題
なりました。

中古車一括査定の安心車.jp」は、
現段階の一括下取りサイトでは
本当に最高レベルだと思います。

⇩無料診断をしてみる⇩

➡もっと詳しくみてみる