下取りは一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

一括査定サイト『安心車.jpを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩入力60秒の無料診断⇩

 

➡つづきを見る


https://toyota.jp
ヴェルファイアは高い快適性を持つ室内で、ドライバーだけでなく同乗者からも喜ばれるクルマです。
そんなヴェルファイアの快適性を高めるアクセサリーも、非常に充実しています。
そして、電装系のアクセサリーの性能を引き立たせるためには、アクセサリー電源が重要になってきます。
そこで今回は、ヴェルファイアのアクセサリー電源についてと、電源ソケットを始めとするオススメアクセサリーを紹介します。

スポンサードリンク

ヴェルファイアには欠かせないアクセサリー電源!使用術と注意!

引用:https://toyota.jp/vellfire/

アクササリー電源は、ヴェルファイアで快適に過ごすために、欠かせない部分といえます。
まずは、このアクセサリー電源についてご説明します。

アクササリー電源とは?

ヴェルファイアの純正アクセサリーでは、電装系のパーツも多数ラインナップされています。
ヴェルファイアのシガーソケットから簡単に電源が取れるものもあれば、配線と電源の確保が必要なパーツもあります。

そして、電源を確保する時には、アクセサリー電源から取ることが一般的になっています。
アクセサリー電源とは、車の走行に直接影響のないルームランプやシガーソケットなどの、電装品へ電力を供給している電源系統です。

ヴェルファイアのプッシュエンジンは、ブレーキを踏まない状態で押すと、ACCというモードに入ります。
これはエンジンが止まっている状態で、アクセサリー電源が作動している状態のことを指します。
ヴェルファイアを動かすための電源は作動せずに、このアクセサリー電源だけが作動することによって、停止状態でもオーディオを聞くことが出来たりするのです。

特に快適性を高めるような電装系パーツは、このアクセサリー電源から電力を確保し、その機能を活用する必要があるのです。

アクセサリー電源の使用術と注意点

アクセサリー電源の重要性は先に説明した通りですが、具体的にどのような方法で電源を取れば良いのでしょうか。

一番簡単な方法としては、アクセサリー電源で駆動するシガーソケットから取ることが挙げられます。
しかし、差し込み口の形状が合わないと、シガーソケットは使えません。

電装系の純正アクセサリーを取り付けるためには、どうしてもアクセサリー電源が必要になってきますが、最も簡単で一般的なのが、ヒューズボックスからアクセサリー電源を取る方法です。
ヴェルファイアの配線に関しては、漏電やショートを防ぐためにヒューズが接続されています。
そして、アクセサリー電源ももちろんこのヒューズに接続されているので、ヒューズボックスにはアクセサリー電源のヒューズも用意されています。

ヒューズボックス内には、ACCと書かれた場所に専用のヒューズがありますので、そちらからアクセサリー電源を取ると良いでしょう。

それ以外にも、車のオーディオ配線を使いアクセサリー電源を取る方法もあります。
ただし、電気系統を配線する際には、しっかり電源系統を把握しておく必要があります。
したがって初心者の方がヴェルファイアのカスタムをする場合は、必ず専門知識を持った人にアドバイスをもらいながら、作業を行いましょう。

スポンサードリンク

ヴェルファイアを快適に感じる同乗者 アクセサリーソケット

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアは、同乗者が快適にくつろげるパーツがたくさんありますが、その中でも電源ソケットの存在が評価されています。
ここでは、そんなヴェルファイアの電源ソケットについてご紹介します。

ヴェルファイアの多彩な電源機能

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアには、高級車の名に相応しい電源装備が充実しています。

フタが左右両開きできて使いやすい大型コンソールボックスの内部には、電源やオーディオの入力端子が設定されています。
また、12.1型リヤシートエンターテインメントシステム装着車の場合は、HDMI入力端子、VTR入力端子が後端部に設置されます。

本革シート装着車のセカンドシートや、ハイブリッド車の一部グレードのラゲージルーム右側にも、電源は確保されています。
そして、コンソールボックスにも電源ソケットやコンセント、そしてオーディオ入力端子が設定されています。

さらに、12.1型リヤシートエンターテインメントシステム装着車の場合は、HDMI入力端子、VTR入力端子が後端部に設置されます。
このように、まるで自宅の室内にいるかのような、電源系統の快適性をヴェルファイアは持っています。

オプション品でさらに電源ソケットの追加も可能

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアは、標準装備でも充実した電源装備となっていますが、オプション品を追加することで、さらなる電源ソケットの活用が可能になります。
そして、各電源ソケットの役割も多岐に渡ります。

まず、スマートフォンを頻繁に活用する方に向けて、置くだけで充電できる装備も用意されています。
そして、家庭用コンセントと同スペックのAC100Vのコンセントも搭載可能です。
このように電源類が充実していると、ロングドライブや車中泊なども、快適に過ごすことができるでしょう。

さらには、万が一の災害時にも備えることができます。
東日本大震災が起きた時に、被災した方々は、電源の供給に苦労をしたという情報もあります。
車内にコンセントが一つあるだけで、ヴェルファイアの室内が簡易避難所として、活躍するのです。

万が一に備えておくという観点からも、電源ソケットが多く準備されているヴェルファイアは、素晴らしい性能を持っていると言えるでしょう。

➡ヴェルファイア カスタム(改造)する!エアロパーツで別次元へ

スポンサードリンク

ヴェルファイアのアクセサリーでおススメはこれ!

引用:https://toyota.jp/vellfire/

最後にヴェルファイアのオススメアクセサリーをご紹介します。
今回はアクセサリー電源や電源ソケットなどをご紹介したので、電装系のオススメアクセサリーをピックアップしました。

インテリアイルミネーション(2モードタイプ・4灯)

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ブルーの灯りがヴェルファイアの足元を照射してくれます。
ドアが開く時に点灯、ドアが閉る時にゆっくりと減光し、ムーディな室内空間を演出します。
夜間はスモールランプに連動し淡く照らされ、夜間のドライブも快適です。。

ステップライト

引用:https://toyota.jp/vellfire/

スライドドアが開く時に白い灯りで足元を照らし、閉まる時には自動消灯します。
夜間の乗り降りについても、足元がしっかり見えるので、子どもの乗降時も安心です。

スカッフイルミネーション(4枚・4灯/フロント・リヤ)

引用:https://toyota.jp/vellfire/

スカッフイルミネーションに浮かび上がる、ヴェルファイアのロゴが、明るくおもてなしをしてくれます。
ドアオープン時に鮮やかに点灯し、これから始まるドライブをさらにワクワクさせてくれます。

LEDバルブセット(10灯)

引用:https://toyota.jp/vellfire/

標準装備のバルブを高輝度LEDに交換することで、室内をより明るく照射します。
バニティランプには、肌映りを考慮して暖色系のLEDを採用しています。
さらに、6灯と4灯のセットも販売されています。

灰皿(高級タイプLED付)

引用:https://toyota.jp/vellfire/

ヴェルファイアには、灰皿にもLEDが搭載されたオプション品が、用意されています。
フタを開けるとエンブレムと受け口がブルーに点灯します。
フタを閉めた後も、エンブレムが約10~15秒間光り続けます。
ソーラー充電式で電池交換は不要です。
さらに、灰や吸い殻を捨てやすく、水洗い可能な上下分割式です。

ヴェルファイア快適空間術についてまとめ

引用:https://toyota.jp/vellfire/

今回はヴェルファイアのアクセサリー電源と、電源ソケットについて、そしてオススメアクセサリーをご紹介しました。

クルマの電源には走行に関係するものとそうでないものが存在します。
アクセサリー電源は、ナビやオーディオ、その他ヴェルファイアの室内で快適に過ごすため装備を駆動させるためには欠かせません。

また、ヴェルファイアでは電源ソケットも非常に充実しています。
これによって、万が一の時の備えも万全です。
純正オプションにも、おしゃれで機能的な電装系パーツがたくさんありますので、用途に応じたパーツを選んで、より上質なヴェルファイアの室内を演出しましょう。

 

ヴェルファイアの値引き金額から更に50万円安くする方法!

「値引き交渉が苦手だなぁ」
「新車が欲しいけど、
予算オーバーで手がだせない…」

「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを
回るのは面倒だなぁ…」

「新車をお得にどこよりも
最安値で手に入れたい…」

「査定した後の
ディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
ヴェルファイアの購入を検討しているけど
新車購入の悩みってたくさん
ありますよね。

実際にあなたと同じ悩みを
持っている方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談しても
「聞かれてもわからない」
「安ければいいんじゃない?」
って感じで
まともに聞いてもらえず・・・

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんなあなたにオススメの裏ワザ
ご紹介します。

下取りは絶対に買取り!!

⇩スマホで簡単⇩入力60秒⇩査定無料⇩

下取りは無料一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

中古車一括査定の安心車.jp
を使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩無料診断をする⇩

スポンサードリンク


かんたん車一括査定「安心車.jp」は最大10社の大手買取業者に!

今話題の
中古車一括査定の安心車.jpは、
最大 10 社の大手買取業者に
あなたの愛車の下取り価格を
競わせることのできるサービスです。
もちろん、査定は無料です。

人気の秘密は、
60 秒程度の簡単な入力
あなたの愛車の最大の下取り金額が
分かることです。

ディーラーで 30 万円だった下取りが、
このサイト経由で 80 万円で下取りされた
という口コミからネット上で話題
なりました。

中古車一括査定の安心車.jp」は、
現段階の一括下取りサイトでは
本当に最高レベルだと思います。

⇩無料診断をしてみる⇩

➡もっと詳しくみてみる