下取りは一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

一括査定サイト『安心車.jpを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩入力60秒の無料診断⇩

 

➡つづきを見る


2018年1月にマイナーチェンジをしたヴェルファイア
マイチェンをしたことで安全性能もかなり進化した様子。

トヨタの事故を無くそうという努力が感じられる。

新型ヴェルファイアの優れた事故回避性能とはどんなものなのか?

トヨタの進化したToyota Safety Sense(セーフティセンス)とは・・・

スポンサードリンク

ヴェルファイアの安全性は?進化した自動ブレーキ性能は?


https://toyota.jp

トヨタのToyota Safety Sense(セーフティセンス)が進化!
安全性能が格段にアップした。

トヨタの進化した自動ブレーキプリクラッシュセーフティ」の凄さをご紹介。

マイチェンで進化した3つの安全性能

⓵プリクラッシュセーフティ
 全車標準装備

⓶レーントレーシングアシスト[LTA]
 全車標準装備

⓷レーダークルーズコントロール
 全車標準装備


進化した安全性能を細かく見ていきます

⓵プリクラッシュセーフティ
 全車標準装備


https://toyota.jp
自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)
歩行者(夜)・自転車運転者(昼)検知機能においてはトヨタ初

進化したトヨタの自動ブレーキ!プリクラッシュセーフティ

今までのプリクラッシュセーフティはミリ波レーダーでのみで検知していたが、

新しくなったToyota Safety Senseは、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーを使うことで車だけでなく昼夜問わず歩行者を検知。更に自転車も認識可能になった。

https://toyota.jp

ミリ波レーダーは検知する距離が長いのが特徴。
単眼カメラは物体の形や大きさを識別。車両や人はもちろん白線、対向車のランプも検知。

この2種類のセンサーが組み合わせられたことで認識能力と信頼性が高くなった。

とまっている車両に対しノーブレーキで接近した時の停止速度は、上限速度50km/h(JNCAP試験)。
一般道では問題なくほぼ止まることがわかる。

夜間の歩行車に対する自動ブレーキ制御を行っているのはボルボのみだったがトヨタが仲間入りした。



⓶レーントレーシングアシスト[LTA]
 全車標準装備


https://toyota.jp

ハンドル操作サポート

車線維持支援機能
車線中央を走行するために必要なステアリング操作の一部を支援。白(黄)線が検出困難な場合でも先行車両に追従する支援を行います。

https://toyota.jp

さらにすごいのは
白線だけでなくアスファルトや縁石などの境界も検知し道路から逸脱すると判定した場合も作動する。



⓷レーダークルーズコントロール
 全車標準装備

30系の前期モデルでは全車速追従機能のレーダークルーズコントロールはグレードによって標準設定だったがマイチェンすることで全車標準装備になったのも嬉しいことです。


知っていました?こんな機能も着いているんです



https://toyota.jp

先行車発進アラーム:先行車発進告知機能
信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止した時に先行車の発進に気づかずそのままでいると、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で知らせてくれるんです。



営業マン営業マン

これで後続車両からクラクションを鳴らされる心配がないですね。

ここまででも進化した新型ヴェルファイアの安全性能の凄さがお分かりだと思います。
でもこれだけではないんです。


マイチェンで新しく加わった4つの安全性能

マイチェンしたことでヴェルファイアに新しく加わった4つの安全性能があるんです。
その4つの機能をご紹介。 

⓵ロードサインアシスト[RSA]
 全車標準装備

⓶アダプティブハイビームシステム[AHS]
 一部グレードに標準装備

⓷ブラインドスポットモニター[BSM]
 一部グレードに標準装備

⓸リヤクロストラフィックアラート[RCTA]
 一部グレードに標準装備



更に詳しくご紹介

⓵ロードサインアシスト[RSA]
 全車標準装備

https://toyota.jp

慣れない道を走行していると道路標識を見落としてしまうことがあると思います。
そんな時にドライバーを助けてくるのがロードサインアシスト

https://toyota.jp


https://toyota.jp

走行中に見落としてしまった道路標識を車が読み取りその内容をディスプレイに表示させてくれる。
ついうっかりの交通違反や危険を未然に防ぐことができる。



⓶アダプティブハイビームシステム[AHS]
 一部グレードに標準装備

https://toyota.jp

夜間は視界が悪い。しかもライトが当たらない箇所は暗くて見えない。

ロービームの照射距離は40~60m、ハイビームは照射距離100mまでのびる。
ハイビームはロービームに比べると先方の危険をいち早く察知することができる。

だからと言って常にハイビームで走行すれば先行の車両、対向車両は眩しくてしょうがない。
そこで役立つのがアダプティブハイビームシステム。

https://toyota.jp

先行の車両、対向車両の位置を検知し先行車両、対向車両に光が当たる部分だけを遮光してくれる。常にハイビームに近い状態で照らし先方の視界を良好にしてくれる。



⓷ブラインドスポットモニター[BSM]
 一部グレードに標準装備

https://toyota.jp

高速道路や車線の多い道路での車線変更時に隣のレーンにいる車両が見えずにあわや接触しそうになった経験のドライバーも多いはず。

そんな時にミラーには映らない死角を補ってくれるのがブラインドスポットモニター


https://toyota.jp

隣の車線を走る車両をレーダーで検知。
隣接する車線の後方にいる車両を検知したり、さらには隣の車線、最大約60m後方までモニターしているので急接近してくる車両も検知。



⓸リヤクロストラフィックアラート[RCTA]
 一部グレードに標準装備

https://toyota.jp

コンビニなどお店の駐車場では前向き駐車を勧めらることがよくある。
当然、バックで出庫、後退出庫になるため事故も起きやすい。

そんな時にドライバーの後方の死角を補ってくれるのがリヤクロストラフィックアラートである。

駐車場内での接触事故はかなり多い。その中でも後退出庫を余儀なくされた車の事故率は高い。

リヤクロストラフィックアラートが装備されることで未然に防げるようになり不安も解消。

➡ヴェルファイアグレード別スペック!進化した加速性能とその乗り心地は?

スポンサードリンク

ヴェルファイアは進化した安全性能は運転しやすいのか?運転しにくいのか?


ヴェルファイアが進化して安全性能は格段に上がったがはたして運手のしやすはどうなのか?
色々と機能が付いて逆に運転しにくいのではないかと気になる人もいることだろう。

何も知れないで運転したらびっくりしていしまい恐さを抱く人もいるかもしれない。

勝手に止まったり、警告音が急になったり、ハンドルが勝手に動いたり不思議なことがたくさん起こるんだからそんな印象を受けるのもしょうがない。

トヨタの進化したToyota Safety Sense(セーフティセンス)をしっかりと把握することが大事になることは間違いない。

機能を把握すれば運転が苦手な方や大きい車に不慣れな方でも心にゆとりができ運転しやすいヴェルファイアになることは間違いない。

スポンサードリンク

ヴェルファイア 常に視界良好 二つの優れた新機能

⓵3眼ヘッドランプ
 一部グレードに全車標準装備


https://toyota.jp

消費電力の少ないLEDを採用。
更に先行車・対向車への眩惑防止に配慮。
車両姿勢の変化にかかわらず照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。

イルミネーション(デイライト)機能があるので日中でもこちらの存在をアピールできるので周りに対し危険防止にもなります。



⓶デジタルインナーミラー
 一部グレードに全車標準装備


https://toyota.jp

ヴェルファイアはたくさんの荷物を積むことができ7人まで乗れるミニバンです。
沢山の人や荷物を乗せたり、後席モニターを装着すると後方の視界が遮られたりすることがあります。
デジタルインナーミラーを装着することで車内の状況関係なく後方の視界をミラーにデジタル画像として映し出しますので視界を確保できます。

ヴェルファイアの横滑り防止機能ってなに?OFF機能がある理由

雨で滑りやすい道路、急なカーブが多い道は注意していてもちょっとしたことが事故につながってしまう可能性もあります。


https://toyota.jp

ハンドルの操作ミスも、直線よりカーブでの方が多いというデータもあり、
直線に比べると事故率も高いのがカーブ!

そんな不安を解消してくれるのが

横滑り防止装置 VSC
(ビークル・スタビリティ・コントロール)

タイヤ空転抑制機能 TRC
(トラクションコントロール)

横滑り防止装置 VSCとタイヤ空転抑制機能 TRCとはどういうものなのでしょうか?



横滑り防止装置 VSC
(ビークル・スタビリティ・コントロール)


https://toyota.jp

4輪それぞれのブレーキの力とエンジンの出力を自動的に制御。

路面状況が悪い時や特にコーナーを曲がるとき等に作動するシステム。

車が横滑りを起こさないように四つのタイヤの回転を調節してくれる。



タイヤ空転抑制機能 TRC


https://toyota.jp

タイヤが空転しないようにブレーキやエンジン出力を制御してくれる機能。
発信時、加速時や道路状況をによってはタイヤが空転してしまうことはあります。
それを車が検知して自動でコントロールしてくれます。



OFF機能がある理由は?

何故?ON、OFFができるのでしょうか?
自動で車が判断してくるものをOFFにするときってどんなときでしょうか?

それは車がぬかるみや雪などにハマってしまった時に困るからです。

タイヤがハマってしまったとき車は雪やぬかるみから抜け出すためにはパワーが必要になります。

パワーが必要なのにVSCTRCが作動してしまうとエンジン出力は低下し更にタイヤにブレーキがかかり抜け出すことができなくなってしまうからなんです。

営業マン営業マン

そうそうあるシーンではないですけど知らないでいると無駄にJAFを呼ぶことになっちゃいますからね。
冬場は注意です。

ヴェルファイアの値引き金額から更に50万円安くする方法!

「値引き交渉が苦手だなぁ」
「新車が欲しいけど、
予算オーバーで手がだせない…」

「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを
回るのは面倒だなぁ…」

「新車をお得にどこよりも
最安値で手に入れたい…」

「査定した後の
ディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
ヴェルファイアの購入を検討しているけど
新車購入の悩みってたくさん
ありますよね。

実際にあなたと同じ悩みを
持っている方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談しても
「聞かれてもわからない」
「安ければいいんじゃない?」
って感じで
まともに聞いてもらえず・・・

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんなあなたにオススメの裏ワザ
ご紹介します。

下取りは絶対に買取り!!

⇩スマホで簡単⇩入力60秒⇩査定無料⇩

下取りは無料一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

中古車一括査定の安心車.jp
を使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩無料診断をする⇩

スポンサードリンク


かんたん車一括査定「安心車.jp」は最大10社の大手買取業者に!

今話題の
中古車一括査定の安心車.jpは、
最大 10 社の大手買取業者に
あなたの愛車の下取り価格を
競わせることのできるサービスです。
もちろん、査定は無料です。

人気の秘密は、
60 秒程度の簡単な入力
あなたの愛車の最大の下取り金額が
分かることです。

ディーラーで 30 万円だった下取りが、
このサイト経由で 80 万円で下取りされた
という口コミからネット上で話題
なりました。

中古車一括査定の安心車.jp」は、
現段階の一括下取りサイトでは
本当に最高レベルだと思います。

⇩無料診断をしてみる⇩

➡もっと詳しくみてみる