下取りは一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

一括査定サイト『安心車.jpを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩入力60秒の無料診断⇩

 

➡つづきを見る

30系ヴェルファイアにリコール!
新型ヴェルファイアも対象!?

2018年1月8日にマイナーチェンジされた新型ヴェルファイア。

安全性能も装備も走行性能もよくなったヴェルファイアですが
気になるニュースが・・・

2018年5月23日にトヨタはリコールの届け出を
国土交通省に提出しました。

そんな売り上げ好調のヴェルファイア
リコールとはどんな内容のものでしょうか?

最新情報と過去のリコール内容とサービスキャンペーンには
何があったのかを調べてみました。

スポンサードリンク

【新型ヴェルファイア】不具合は何がある?20系に対し何が改善された?

最新リコール情報(2018年5月以降)
平成26年から平成30年に生産したアルファード、ヴェルファイア アイドリングストップ搭載車の一部にリコール対象車があります。
平成30年5月にトヨタが国土交通省へ届け出ました。

新型ならでは?リコールの内容は?

30系から導入された電動パーキングブレーキシステム
その電動パーキングブレーキにおいて、制御用コンピュータ電源回路の異常検出プログラムが不適切なため、バッテリが劣化しているとアイドリングストップから再始動する際の電圧低下を異常と判定することがある。そのため、警告灯が点灯して、電動パーキングブレーキが作動しないおそれがある。

新しく導入された電動パーキングブレーキシステムが効かなくなる?
不安になるリコール内容ですね。

早急にディーラーへ車を持っていた方がよさそうですね。
事故につながる内容では無さそうですが不安ですね。

改善・対応措置は?
全車両の制御プログラムを修正。

プログラムを修正するだけで改善されるようなので
作業時間も短く済みますね。

対象車両の型式と車体番号 製造期間

型式 車体番号 製造期間
DBA-

AGH30W

AGH30-

0001005~0178640

平成26年12月 8日

  ~平成30年 2月19日

DBA-

AGH35W

AGH35-

0001001~0025649

平成26年12月 8日

  ~平成30年 2月22日

DBA-

GGH30W

GGH30-

0020908~0022937

平成29年12月13日

  ~平成30年 2月26日

DBA-

GGH35W

GGH35-

0006721~0007290

平成29年12月13日

  ~平成30年 2月23日

➡ヴェルファイアとアルファードが統合!?エスティマが消える?

電動パーキングブレーキとは?

30系から導入された電動パーキングブレーキシステム

実際に30系のヴェルファイアやアルファードに乗られている方は
ご存知の電動パーキングブレーキシステム

業界では電動パーキングブレーキを略して
電パブ」と言ってます。

その「電パブ」とはどんな機能なのか?
簡単に説明しますね。

AUTO(オート)に設定しておけばシフトを「P」レンジから
D」レンジに入れたときに自動でサイドブレーキを解除

逆に「D」レンジから「P」レンジに入れたときには
自動でサイドブレーキをかけてくれる優れもの!
ついやってしまいがちな
サイドブレーキのかけ忘れや
サイドブレーキの解除せずし忘れで
キィーッキィーッ」って音をさせながら走行してしまった。

または音をさせながら走行している車を見かけたことが
あるなんて方もいるのではないでしょうか?

そんな遂「うっかり」をすべて未然に防いでくれるのが
電動パーキングブレーキシステム電パブ」なんです。

リコールとは…

自動車が道路運送車両の保安基準に適合しなくなるおそれがある状態、又は適合していない状態で、原因が設計又は製作の過程にある場合に、その旨を国土交通省に届け出て、ご使用のお客様にご連絡して無料で修理します。(一部引用:toyota.jp)

自動車を運転するうえで安全性に影響がある。
事故や怪我ににつながる恐れがあるなどのものが
対象になります。

その際にメーカーは早急に国土交通省に
届け出てお客様に連絡して車両の
修理をしなければなりません。

サービスキャンペーンとは…

リコールや改善対策に該当しないもので、商品性の改善等のために、国土交通省に通知し、サービスキャンペーンを実施しています。 お客様にご連絡するか、トヨタ販売店へご来店時にお知らせして点検・修理します。(一部引用:toyota.jp)

サービスキャンペーン

えっ!?何かもらえるの?
って勘違いしてしまう様な文言!

そうではありません。

サービスキャンペーンリコールと違って危険性が高いものではありません。

メーカーが独自で商品性の改善が必要と
判断したときに国土交通省に連絡し、

その後、点検、修理します。

新車を納車された後に
・走行中になんか違和感を感じる。
・変な音がする。
・変な臭いがする。

などなど、お客様からの声が販売店に複数寄せられたとき
にデータをまとめメーカーはサービスキャンペーンに
切り替えることもあるようです。

➡ヴェルファイアのオイル交換時期(目安)は?適正オイル量とオイル粘度は?

スポンサードリンク

【新型ヴェルファイア】リコールは何? 過去のリコールには何があった?

過去のヴェルファイアリコール内容

過去のヴェルファイアリコールには何があったのでしょうか?
大きなところで言うとこれではないでしょうか?
ヴェルファイアに限らず自動車業界でもかなりの話題になったリコール

タカタ制エアバッグ」のリコール
このリコールはかなり話題になりましたね。

不具合の状況
助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあります。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある。

エアバッグは実際に事故を起こしたときに同乗者を衝突の衝撃から
身を守るものだということはご存知だと思います。

このリコールはエアバッグが開いたときに容器の破片が一緒に飛び散ってしまうという内容。
その破片で同乗者が怪我をする恐れがあるようです。

改善・対応措置
全車両、予防的措置としてエアバッグインフレータまたはエアバッグアッセンブリを代替品と交換します。

作業時間が結構かかり30分から1時間程度要します。

対象車両の型式と車体番号 製造期間

 

型式

車体番号

製造期間

DBA-

ANH20W

   ANH20-

8260043~8357925

   平成25年 1月 7日

    ~平成26年12月25日

DBA-

ANH25W

 ANH25-

8042804~8057990

   平成25年 1月 7日

~平成26年12月25日

DAA-

ATH20W

   ATH20-

8025150~8047405

  平成25年 1月 7日

~平成26年12月25日

DBA-

GGH20W

   GGH20-

8069825~8096778

   平成25年 1月7日

~平成26年12月24日

DBA-

GGH25W

   GGH25-

8021854~8025230

   平成25年 1月7日

~平成26年12月23日

 

過去のヴェルファイア サービスキャンペーン

現象は…
取扱書において、「エンジンオーバーヒート時の対処方法」の記載に誤りがあり、エンジン冷却水リザーバタンクのイラストの代わりに、HVインバータリザーバタンクのイラストが記載されています。そのため、エンジンオーバーヒート時の対処の際に使用者に誤解を与えるおそれがあります。

車両自体に何かがあるわけではなく取り扱い説明書のミスプリントみたいなものです。

改善・対応措置
正規のイラストを記載した貼り付け用訂正シールを配付します。もしくは、取扱書を確認し、正規のイラストを記載した訂正シールを貼り付けます

お車を実際にもっていかなくても取扱説明書をもっていけば済む内容のものです。

対象車両の型式と車体番号 製造期間
ハイブリッド車
DAA-AYH30W AYH30-0001001~AYH30-0028489 平成26年12月 8日~平成28年 2月 5日

現象は…
後輪用ブレーキキャリパにおいて、搬送工程の治具形状が不適切なため、治具とスライドピンのダストブーツが接触してブーツが損傷することがあります。そのため、使用過程でブーツ内に水が浸入してスライドピンが錆びて固着し、ブレーキパッドが偏摩耗したり、制動時に異音が発生することがあります。

改善・対応措置
全車両、ダストブーツを新品に交換するとともに、ブレーキキャリパのスライドピン部を点検し、錆びているものはマウントとスライドピンを新品に交換します。

対象車両の型式と車体番号 製造期間

型式 車体番号 製造期間
DBA-
AGH30W
AGH30-
0050495~
0052948
平成27年11月18日~
平成27年12月 9日
DBA-
AGH35W
AGH30-
0050495~
0052948
平成27年11月18日~
平成27年12月 8日
DBA-
GGH30W
GGH30-
0009844~
0010203
平成27年11月18日~
平成27年12月 8日
DBA-
GGH35W
GGH35-
0003496~
0003606
平成27年11月18日~
平成27年12月 7日
DAA-
AYH30W
AYH30-
0023993~
0025666
平成27年11月18日~
平成27年12月 9日

➡あのレクサスUXはどうなの?

スポンサードリンク

【新型ヴェルファイア】不具合とリコールに対する天下のトヨタの対応は凄い!?

さすがトヨタですね。

走行に大きな支障がある内容でなくてもすぐにリコールを届け出るとは。

さらにはお客様の声をちゃんと聴き、不具合が多ければサービスキャンペーンとして
対応するところは流石ですね。

リコールが発表になった時点で各ディーラーはお客様にお詫びの電話をするのが
基本になっています。メーカーから通知を郵送してお終いではなく各営業マンが
連絡し予定を組んで入庫していただく所まで対応するようです。


まとめ

リコールは基本メーカーからの通知で知らされます。
ですが極まれに通知が届かないケースもあります。

中古車販売専門店で中古のヴェルファイアを購入したケース

前オーナーさんがヴェルファイアを売却した後にリコールが発表され更に中古業者が
気づかずそのまま放置になってしまっていることもあります。

新車購入してから名義変更や住所変更をしたケース

新車購入時には住所がメーカーに登録されます。
がその後、名義変更や転居などをしてしてしまった場合などは
住所が変わっているためリコールの通知が届かないこともあります。

不安になるオーナーさんもいると思います。
気になる方は是非メーカーにお問い合わせをしてみてください。

こちらから調べることもできます。

トヨタ公式サイト
https://toyota.jp/recall/

ヴェルファイアの値引き金額から更に50万円安くする方法!

「値引き交渉が苦手だなぁ」
「新車が欲しいけど、
予算オーバーで手がだせない…」

「値引きで安く買いたい…」
「いくつもディーラーを
回るのは面倒だなぁ…」

「新車をお得にどこよりも
最安値で手に入れたい…」

「査定した後の
ディーラーの売り込みがイヤ…」

などなど、
ヴェルファイアの購入を検討しているけど
新車購入の悩みってたくさん
ありますよね。

実際にあなたと同じ悩みを
持っている方、
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談しても
「聞かれてもわからない」
「安ければいいんじゃない?」
って感じで
まともに聞いてもらえず・・・

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届くわけではないし。

そんなあなたにオススメの裏ワザ
ご紹介します。

下取りは絶対に買取り!!

⇩スマホで簡単⇩入力60秒⇩査定無料⇩

下取りは無料一括査定サイト『安心車.jp』が絶対お得!!

下取りは無料一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも 多々あります。

中古車一括査定の安心車.jp
を使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社

あなたの車の買取価格を
競ってくれる
ので、

結果的に値段が吊り上るんです。

⇩無料診断をする⇩

スポンサードリンク


かんたん車一括査定「安心車.jp」は最大10社の大手買取業者に!

今話題の
中古車一括査定の安心車.jpは、
最大 10 社の大手買取業者に
あなたの愛車の下取り価格を
競わせることのできるサービスです。
もちろん、査定は無料です。

人気の秘密は、
60 秒程度の簡単な入力
あなたの愛車の最大の下取り金額が
分かることです。

ディーラーで 30 万円だった下取りが、
このサイト経由で 80 万円で下取りされた
という口コミからネット上で話題
なりました。

中古車一括査定の安心車.jp」は、
現段階の一括下取りサイトでは
本当に最高レベルだと思います。

⇩無料診断をしてみる⇩

➡もっと詳しくみてみる